植物属インテリア科

大都会のオタク、北欧インテリアと植物を語る。

底面灌水システムのレチューザに観葉植物を植え替えてみた。

f:id:shokubutsuzoku:20190213185713j:plain

レチューザに観葉植物を植え替えました。

 

 

植え替えた植物は「テーブルヤシ」です。

 

 
テーブルヤシは楽天で購入した、

観葉植物5鉢セットのうちの1鉢。
 

f:id:shokubutsuzoku:20190213185630j:plain


再販決定!5号鉢も入ってこの価格!【送料無料】■観葉植物■観葉植物おまかせ5鉢セット!
【観葉植物5鉢セット】






レチューザ本体。

f:id:shokubutsuzoku:20190213185617j:plain


【レチューザ ミニミュービ】



レチューザのセット内容。


f:id:shokubutsuzoku:20190213185609j:plain

  • 外鉢
  • 内鉢
  • 底面灌水システム(水位計)
  • 専用クレイ






レチューザは底面灌水システムなので、受皿不要です。

下から土が出てくる心配をしなくて良いので、

置ける場所が広がりますね~。

 

専用クレイを使用します。

レチューザの詳しい説明はコチラへ→

f:id:shokubutsuzoku:20190213185625j:plain

このクレイが使いやすくて良かった。

色もグレーで清潔感がありますよね。

 

底面灌水って、鉢の移動をしなくて良いのよね。
大きい植物こそ、レチューザで育てるべきですね~。
小さいサイズで上手くいったら、
大きいサイズも検討したいな(≧▽≦)

 





底には紐が通ってます。

f:id:shokubutsuzoku:20190213185621j:plain

 

この紐から、底にたまったお水を吸い上げる訳ですね。

 
肝心な鉢底の穴も沢山ありました。

水通りが抜群なところも(`・ω・´)b






大きいサイズと比較。

f:id:shokubutsuzoku:20190213185639j:plain

 

紐は鉢の大きさに合わせて太くなっているようです。

これなら安心ですね。

もっと大きいサイズのレチューザだと、
底面の仕様が違うようです。







水位計。

f:id:shokubutsuzoku:20190213185642j:plain









水位計の目盛り。

f:id:shokubutsuzoku:20190213185612j:plain


水をやると、この赤い棒が上がってきます。

シンプルな仕組みで壊れることもなさそう。







私がレチューザに惹かれたのは、

wacoさんのブログから。


だから、植え替えの時も

wacoさんの本を読み返しちゃった。

f:id:shokubutsuzoku:20190213185635j:plain


北欧スタイルのここちよい暮らし (KOBUNSHA・美人時間ブック) [ waco ]
【北欧スタイルのここちよい暮らし】

ブログの記事もとっても分かりやすいの。
レチューザを検討している方はぜひ
あっ、wacoさんの記事見ると、
レチューザ欲しくなっちゃうけど
責任は取りませんよ(笑)


テーブルヤシを植え替えて3日ほど経ちましたが、

変わらず元気にしてます。

 

f:id:shokubutsuzoku:20190213185647j:plain

上手く育てられると良いなぁ。

 

ちょこちょこ経過報告しますね~♪  

ランキングに参加中です。

応援クリックしてくださると幸せです。

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村


ミックススタイルインテリアランキング