植物属インテリア科

大都会のオタク、北欧インテリアと植物を語る。

新しい家具が届く。モーエンス・コッホのブックケース。

f:id:shokubutsuzoku:20190520114200j:plain

 先週、キャビネットが届いた。

 

 

モーエンス・コッホのブックケース

 

f:id:shokubutsuzoku:20190520115635p:plain

キャビネットとは言ったが、

実はこれ「3個」に分かれている。

 

縦にも横にも増やせる、

モジュール式の収納家具で

壁付けにもできる。 

 

昔々、1932年から愛されている収納家具。

2016年までルド・ラスムッセンが作っていた。

今はカールハンセン&サンが製造している。

140年以上続いたルド・ラスムッセンの工房は、

残念ながら閉鎖されてしまった。

購入がもう少し早ければと思ったが、

以前と製造工程は何も変わらないそうだ。

家具の刻印がカールハンセン&サンの物に変わっただけ。

 

 

購入した経緯

 

長いキャビネットをずっと探していた。

 

多分、5年は探していたと思う。

でも、探せど探せど見つからない。

 

見つからないキャビネット黒歴史を作る

f:id:shokubutsuzoku:20190520131625j:plain

その間、IKEAのカラックスを塗ったりしてしのいでいた。

今見ると、あらぬ方向に行っていて黒歴史(笑)

 

 

このブックケースの購入時に聞いた話だが、

最近、長いキャビネットはあまり作ってないそう。

 

ヴィンテージだといい感じのがすぐに見つかる。

というのも、収納家具は造作が主力で、

「作っても、売れないから作らない」だそう。

 

そりゃ探しても無いハズだ。

 

でも、椅子を購入したお店で

このブックケースに出会った。

 

そのお店では実際に収納に使っていた。

大事に使われている様に一目惚れし、

すぐに購入を決めた。

 

長い期間はかかってしまったが、

妥協しなくて良かったと思った。

 

 

重厚感のある見た目

 

f:id:shokubutsuzoku:20190519142020j:plain

シックで重厚感のある見た目。

 

どこから見ても美しや。

ヨダレものである。

 

 

しかし、特筆すべきは

見た目の美しさだけではない。

f:id:shokubutsuzoku:20190520123353p:plain

このブックケースは、

機能美も兼ね備えている。

 

 

取っ手は鍵

 

f:id:shokubutsuzoku:20190520114033j:plain

 

 「鍵でありながら取っ手」の役割を持つ。

 

f:id:shokubutsuzoku:20190520114009j:plain

 

鍵、鍵穴のデザインも美しい。

 

f:id:shokubutsuzoku:20190520114057j:plain

鍵をとるとフラットになるので、

スッキリとした見た目になる。

 

 

鍵で扉を開けると言う動作が、

「奥ゆかしさ」があって良い。

f:id:shokubutsuzoku:20190519141956j:plain

と言いつつ、普段、鍵はさしっぱなし(笑)

 

 

真鍮の金具

 

f:id:shokubutsuzoku:20190519142329j:plain

真鍮の金具が美しい。

 

 

↓扉をあけたところ

f:id:shokubutsuzoku:20190520114310j:plain

 

金具が出っ張っていないので、

端まで物を収納できる。

 

f:id:shokubutsuzoku:20190520114401j:plain

スライド丁番は

 頑丈だけど邪魔なのよね。

 

 

扉を全開のままでも使えそう。

f:id:shokubutsuzoku:20190520114327j:plain

開けた時も美しいって凄い。

 

 

サイズがコンパクト

 

f:id:shokubutsuzoku:20190520114124j:plain

木材の接合方法ははあり継ぎ。

継ぎ目まで美しい。 

 

 

コンパクトなサイズ。

f:id:shokubutsuzoku:20190520114237j:plain

高さ760mm×幅760mm×奥行き360mm(1個)

 

このブックケースのサイズなら、

引っ越しも、模様替えも、楽勝だ。


長い家具は引っ越しの時、

苦労する場合もある。


廊下を曲がれなくて

ベランダから入れるとか。

引っ越し多いと、辛いのよ。

 

モジュール式の汎用性の高さ

 

3個並べて置けない家に引っ越しても、

1個ずつ別に置くこともできる。

 

横にスペースが確保できなくなったら、

上に重ねて置くこともできる。

 

↓より詳しい事はこちらへ(説明放棄、笑)


 

BEFORE&AFTER

 

BEFORE

f:id:shokubutsuzoku:20190501163216p:plain

IKEAのビリーを横倒しにして使っていた。

※無理矢理なので、どうか真似されませんよう…

 

AFTER

f:id:shokubutsuzoku:20190515092627j:plain

今までキャビネットの上には

植物やパソコンを置いていた。

 

が、何も置けなくなってしまった。

 

この整然とした雰囲気が

気に入り過ぎたためである。

f:id:shokubutsuzoku:20190519142106j:plain

しばらくは、このままで。

置いても花瓶1つとかかな。

 

植物さんたちとパソコンの

置き場所は考え中です(;´Д`)

 

 ↓コレどう活用しよう😨


 

いい家具は空間をガラリと変える

 

インテリアにおいて、壁、床、大きな面は重要だと思う。


でも、本当に美しい家具の前では、

壁も床も関係なくなってしまう。

 

全てを圧倒する力がある!!

f:id:shokubutsuzoku:20190519142159j:plain

これぞ家具の力💪

デザインの力なのだ!!

 

…と、新しい家具が来て思いました。

いかがでしょうか?←弱気

 

 

ランキングに参加中です。

応援クリックしてくださると幸せです。

ブログランキング・にほんブログ村へ 

密かにインスタやってます
→​@shokubutsuzoku

 

 

追記・中に収納したものはと言うと…

f:id:shokubutsuzoku:20190520124435p:plain
あまりにオタクな物を入れすぎ、

禁断の園になってしまいました。ワォ♡

幸い鍵もかかる。

来客にうっかりオタクバレすることもなかろう。

あ、でも、友人はみんな私がオタクなのを知っている。

別に開けられても大丈夫だったか(笑)

収納が完成したら、公開できる範囲で記事にしますね。