植物属インテリア科

大都会のオタクがインテリア・植物・オタ活を語ります。

【お部屋探しの処方箋】カーテンを開けられる物件はいかが?開放感と広さを獲得しよう!!

f:id:shokubutsuzoku:20190419124614p:plain

こんにちは。ぴめりーです。

 今日は、「お部屋探しの処方箋」的な記事です。

 

<こんな症状の方に>

 

  • 開放感にあふれるお家に住みたい
  • 実際の広さより広く感じたい
  • 景色を楽しみたい

 

<処方箋>

 

「カーテンorブラインドを開けられる物件」が効果的。

 

 

物件を選ぶ時、何を一番重視しますか?

広さ、間取り、採光、方角、などなど…

 

かつては、「間取り重視」でしたが、

この家に住んでからというもの、

価値観が変わりました。

 

今の私だったら、

「カーテンを開けっ放しに

できるかどうか」

を1番重視します。

 

※もちろん、手前の建物や環境によっては、

全開にできない場合もあるのも承知でございます。

一つの意見として読んでくだされば、幸いでございます。

 

  

カーテンorブラインドって開けてますか?

 

f:id:shokubutsuzoku:20190419122713j:plain


今の物件では、日中、

ブラインドを開けっ放しにしています。

 

※北向きだから可能な部分大いにアリですが

 

一部の窓では全開。

 

LDKの大きな窓はその時々で、

半分開けたり、全開にしたりしています。

 


開けてない時

f:id:shokubutsuzoku:20190419124611j:plain

 

 

開けた時

f:id:shokubutsuzoku:20190419124614p:plain

どうでしょう?

結構、印象が違いますよね。

 

 

窓の外が見えていると、

ベランダまで部屋が続いていると感じ…

f:id:shokubutsuzoku:20190419133227p:plain

ベランダも部屋の一部のように見せることが、

広く見える事に繋がる。

 

人は窓の外が見えるだけで、

開放感を覚えるのでしょう。多分。

↑多分で締めくくるヘタレ。

 

特に、今の物件は、

手前に窓を遮る建物がない事もあり、

ブラインドを全開にできます。

 

 

カーテンを開けられない物件

f:id:shokubutsuzoku:20190419122620j:plain

私は過去15回引っ越してますが、

カーテンを開けられない物件が多かった…。

 

かつて、間取りが良く、広く、使いやすい。

と、3拍子揃った物件に住んでいたのですが、

カーテンを開けられない家でした。

 

隣接している家の窓が近すぎたため、

ずっとカーテンを閉めっぱなし。

 

公園の中にあるレア物件で緑に囲まれていて、

素敵な立地だったのにも関わらず、

住んでいる間ずっと、

窓をカーテンで塞いでいました。

 

お部屋が広い割に閉塞感を感じて

もったいないと思うことが多々ありました。

 


今住んでいる地域で13年程暮らしていますが、

この地域では夜でもカーテンを閉めない、

もしくは、薄手のカーテンのみの家が本当に多いです。

f:id:shokubutsuzoku:20190419122836j:plain

不思議なもので、長く住むうちに、

自身もブラインド全開でも、

気にならなくなりました。

 

 

多少狭くても、カーテンを開けられるなら、メリットはある。

 

窓を塞がなくて良い。

私にとってはたくさんメリットがありました。

f:id:shokubutsuzoku:20190419122603j:plain

光を取り入れられたり、

開放感を感じたり、

景色を楽しむことができたり。

 

カーテンを開けられない広い家より、

狭くてもカーテンを開けられる家の方が、私は好きです。

 

今住んでいる部屋は広くはないですが、

閉塞感を感じません。

むしろ、開放的にあふれています。

 

「窓から見える景色が好き」

と言うのも、解放感に一役買っています。

 

 

物件に何を重視するかは、人それぞれ。

広さ、間取り、設備、などは最重視されますよね。

 

でも、意外と忘れがちなのは、

「窓から見える景色」かもしれません。

 

私は巨大建築物が好きなので、

窓から見える景色を眺めてはニヤニヤしています。

f:id:shokubutsuzoku:20190214004952j:plain

景色もその家の一部として考えると、

物件の探し方も変わってくるなと実感しています。

 

お部屋探しの際は、 

「カーテンorブラインドを開けられる物件」

は、いかがでしょう?

 

実際、私は今、お部屋満足度がとても高いです(^▽^)/

 

 関連記事

 

追記・窓から見える景色を重視する人が増えたら、

日本の景観もより良くなるのではないか?と、たまに考えます。

防犯など様々な理由があり、

カーテンを開けられない場合があるのは承知ですが…

日本でもカーテンを開け、インテリアを見せつけてやる~って、

言うぐらいのインテリア好きが増えるのを期待しています。

景色を取り入れつつ、日差しを遮るなど、

超高性能なブラインドが沢山出てきたので、

そちらにも期待したいところです。

あ、追記なのに、かなり長くなっちゃった(^^;

最後まで読んでくださってありがとうございます♡

 

ランキングに参加中です。

応援クリックしてくださると幸せです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村


ミックススタイルインテリアランキング


密かにインスタやってます
→​@shokubutsuzoku