植物属インテリア科

大都会のオタク、北欧インテリアと植物を語る。

ドラム式洗濯機の乾燥フィルター奥のほこり。掃除すると大量に…。※ちょっと閲覧注意

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/shokubutsuzoku/20190121/20190121171600.jpg

今日はホコリ掃除のお話。

ドラム式洗濯機の「乾燥フィルターの奥のほこり」についてです。

※ちょっと閲覧注意。苦手な方はページを閉じていただくことをおすすめいたします。

 

 

 

わが家の洗濯機はパナソニックのキューブル。

f:id:shokubutsuzoku:20190121171600j:plain

機種名・NA‐VG1200

 

乾燥機もほぼ毎日使っています。

見た目もステキな働き者♡

私の愛する家電の1つです。

 

www.shokubutsuzoku.work

 

 

いつも乾燥フィルターに溜まるホコリは、こんな感じ。

f:id:shokubutsuzoku:20190121171630j:plain

これで1回分。

フィルターの手前の部分を拭くと、ほこりが取れるので、布で拭いたりしていました。

 

 

しかしですね。

もっと奥に手を突っ込むと、ほこりの塊が存在しているんですよね!!

f:id:shokubutsuzoku:20190121171613j:plain手で触れるけど…つかめないし、取れない!!

ん~気になる(*_*)

 

乾燥機を使った後は、毎回乾燥フィルターを掃除していても、

内部のほこりはどうしても溜まってしまうようです。

もうちょっとシンプルな構造にならないのかしら?

 

 

奥に溜まるほこりの塊が、

私の愛するキューブルちゃんに

悪さしないか非常に心配なので…

↑家電に愛を注ぐ変人

 

ホコリ採取を開始!!

f:id:shokubutsuzoku:20190121171618j:plain

 

 

 

家にあった無印良品の隙間ブラシで…

f:id:shokubutsuzoku:20190121173633j:plain

 

 

 

発掘!!

f:id:shokubutsuzoku:20190121171622j:plain

 実は、もう何回目かの発掘です。今回は少な目。

初めての時はごっそり取れてビビりました。

 

↓「くの字の曲がり」がちょうど良い感じ。

f:id:shokubutsuzoku:20190121173627j:plain

 

乾燥フィルターのほこり取りで調べたら、「コジット 毛づまりごっそりパイプ職人」なるブラシを使ってる方が多くて、使ってみたくなりました。

ワイヤー製で曲げられるので、複雑な所に使えそうですよね。

 

 

※注意その①

完全に自己責任で掃除しています。

乾燥フィルター奥の掃除は、故障の原因になるかもしれません。

どのお掃除道具を使うにしても、奥にほこりを押し込んでしまい兼ねないので、内部の掃除は業者さんに依頼するのが良いとの事。

なんでも、2、3年に1度はホコリ取りをお願いするのがベストだとか。

結構、頻度高いんですね…。

 

 

※注意その②

ついでに言うと、隙間取りブラシの強度はないので、ものすごくバサバサになります(^^;)

f:id:shokubutsuzoku:20190121171638j:plain

これはどうしようもないことですね。だって、90円だもの。

でも、バサバサなった方がホコリが取れやすい(笑)

見た目はイマイチですが、この状態になっても使っています。

 

 

 

乾燥フィルターに溜まった量と、

f:id:shokubutsuzoku:20190121171634j:plain

 

奥から発掘した量が

f:id:shokubutsuzoku:20190121171610j:plain

ほぼ同じぐらいの量です。

乾燥機を使う度、この量のほこりが蓄積しているんですよね。

 

 

愛するキューブルちゃんの為にも、

f:id:shokubutsuzoku:20190121171606j:plain

出来る範囲内できちんとお手入れをしていきたいと思います♪

 

ランキングに参加中です。

応援クリックしてくださると幸せです。

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村


ミックススタイルインテリアランキング