植物属インテリア科

大都会のオタク、北欧インテリアと植物を語る。

横長LDKの配置入れ替え。ダイニングテーブルを窓側にして起った良い変化。

f:id:shokubutsuzoku:20190119195911j:plain

先日、LDKのダイニングとリビングの配置を入れ替えました。

 

キッチンがある方にリビング、
リビングで使う方にダイニング、
という配置にしました。


リビングのbefore&afterはコチラ
↓↓

www.shokubutsuzoku.work




<配置を変えた理由>
「窓からの眺望を捨てるなんて勿体ないな」
と、思ったからです。
家具を詰め込み過ぎて窮屈さを感じていたのも理由ですが。

f:id:shokubutsuzoku:20190119195907p:plain

6畳の部屋は2面採光。
今回のお家はどちらの窓からも抜けが良く、
夜は夜景が綺麗です。

高層マンションでは無いのに、
眺望が良いのは凄くラッキーです。

窓から景色を眺めて食事したら
気持ちが良いだろうな~と、常々思っていました。

でも、キッチンからの配膳が不便そうで、
配置変えに踏み切れませんでした。


「キッチンのある方にダイニングテーブルを置く」
それがインテリアの常識。
私もそう考えていました。

マンションの素敵なモデルルームも
必ずそういう配置ですしね。

でも、ここ最近は、
「したいことができる配置」
が良いのでは?と思うようになり、

配置変えをするに至りました。


<したいこと>
  1. 窮屈を感じない配置にしたい
  2. 眺望を楽しみたい
  3. テレビは壁面に&ソファの正面に置きたい
  4. 部屋全体のバランスを良くしたい
  5. お部屋をもっと好きになりたい

<before&after>

f:id:shokubutsuzoku:20190119195904p:plain


before

f:id:shokubutsuzoku:20190119190058j:plain






after

f:id:shokubutsuzoku:20190119195859j:plain




<結果どうなったのか>

①窮屈を感じない配置にしたい→

解放感を感じるようになった

f:id:shokubutsuzoku:20190119195854j:plain

窓に向かって座るって、解放感がありますね~。



②眺望を楽しみたい→
どこ座っても眺めが良くなった

f:id:shokubutsuzoku:20190119195849j:plain

ダイニングの椅子からは、
今までソファでふさいでいた窓からも
景色が見えるようになりました。

ちなみに、ソファからは、
テレビもベランダの植物も楽しめます。

どこに座っても眺めが良くなりました。

以前の配置では座っている時、
目線の先は常にキッチンでした。

↓以前の配置・リビングから見た光景 

f:id:shokubutsuzoku:20190119190108j:plain

テレビを見ていても~、キッチン。
食事をしていても~、キッチン。

極めつけは、奥のラウンジチェアからも~、
キッチン

f:id:shokubutsuzoku:20190119195845p:plain

お気に入りのキッチンだったら

最高の配置でしょうね。

実は今の家のキッチンは、
見る度、憂鬱になってしまいます。
正直言うと、ちょっと嫌いです。
理由は長くなるので割愛。また別の機会に。


キッチンが視界に入らない配置にしたら、
お部屋の好き度が上がりました

好みではない&変えられない物があるなら、
なるべく視界に入れない工夫をすると、
気にならなくなるかもしれませんね。



③テレビは壁面に&ソファの正面に置きたい→
希望通り置けました。


こちらに関してはリビング編の記事をご覧ください。



④部屋全体の家具のバランスを良くしたい→
安定感のある配置になった

f:id:shokubutsuzoku:20190119195840j:plain

以前は家具の分量に偏りがありましたが、
家具を分散させたら、
安定感のある配置になりました。


偶然ですが、収納棚も窓際にピッタリ収まり、

f:id:shokubutsuzoku:20190119195835j:plain

植物の特等席がたくさん出来ました♡



※心配していた食事の配膳は…
特に問題ありませんでした。


・距離的には近いが回り込む

f:id:shokubutsuzoku:20190119195831p:plain



・距離は遠いが直線

f:id:shokubutsuzoku:20190119195826p:plain

どちらの配置でも、
ダイニングテーブルまでの歩数は変わらず。

それもそのはず。
配膳の心配しなきゃいけない程、
わが家は広くなかった
↑配置を考える時、度々忘れるのよ。ハハハ(笑)



⑤お部屋をもっと好きになりたい→
好きになった

f:id:shokubutsuzoku:20190119195822j:plain

「したいことができる配置」になった結果、
とてもお部屋が好きになりました。

わが家は賃貸マンションなので、
できる事が限られています。
素敵なインテリアを見ては、
家は賃貸だから素敵にならないよね~と、
諦めモードだったりした事も。

器にとらわれ中身と向き合わなかったので、
部屋への愛情が薄かったのかもしれません。

f:id:shokubutsuzoku:20190119195819j:plain

部屋の間取りも外の眺望も、その部屋の個性。
同じような間取りでも、
眺望や採光で空気感が違いますもんね。
その個性を活かせるのが、
家具の配置なんだと思います。

配置を整えることはお部屋への愛かも。



<配置変えしてわかったこと>

どう過ごすのかを重要視すると、
お部屋をもっと好きになれる!!と、思いました。

f:id:shokubutsuzoku:20190119195815j:plain

例えば…

大きいソファを置きたいから
ダイニングテーブルは置かない。
配膳を楽にしたいから
キッチンカウンターで食事したい、など。
 
何に価値観を置くかは人それぞれ。

だから、固定概念にとらわれず、
自由な配置でOKだと思いました。



<これから配置を変える方へ>
※偉そうなことは言えないですが言わせて下さい。

「動線だけは確保すべし!!」
家でカニ歩きは辛いからね(笑)

↓以前の配置のカニ歩きゾーン

f:id:shokubutsuzoku:20190119195811p:plain

結構カニ歩きしてたな(笑)



長い記事を読んでくださり、
ありがとうございます♡
配置研究の記事、ちょこちょこ続ける予定です♪

にほんブログ村テーマ ビフォー・アフターへ
ビフォー・アフター

にほんブログ村テーマ WEB内覧会*マンションへ
WEB内覧会*マンション

にほんブログ村テーマ WEB内覧会*ダイニングへ
WEB内覧会*ダイニング

ランキングに参加中です。

応援クリックしてくださると幸せです。

にほんブログ村 インテリアブログへ
にほんブログ村


ミックススタイルインテリアランキング